へら

takakinger.exblog.jp ブログトップ

オバマ・・・小浜・・・ふむ。

e0155560_23473123.jpg←こんなのスカイラークじゃない!屋台か・・・。
奥の方に「日本料理」の文字が・・・。


オバマ氏と小浜市ねぇ・・・。
福井県小浜市は大騒ぎだそうである。
映像を見たが、なんかなぁ・・・本気だね。
市民は老若男女、拳を振り上げ「小浜!小浜!」と絶叫している。
これからフラダンスの乱舞で喜びを分かち合うそうだ。
次の大統領選でサヤーマ氏なんてのが出馬したら、狭山市民も熱狂するのだろうかね。

長崎県小浜温泉ではオバマを応援する会が結成されている。
温泉のおばちゃん達が狂ったように日の丸と星条旗を振って、こちらも大騒ぎである。
オバマが大統領になると、この長崎の温泉に訪れる人が増えるのだろうか?
「よし、オバマが大統領になったから、今年の家族旅行は小浜温泉だ!」
「やった~!小浜温泉だぁ~!学校でみんなに自慢するぞ!」
「わ~い、それってアメリカにあるの?」
「まぁ、2人ともそんなに、はしゃいじゃって、小浜温泉に行けるのも、お父さんが安月給で毎日一生懸命働いてるおかげよ」
「わははは、こりゃ、お父さん一本取られたな、わははは」
波平か!
とても素敵な家族だ・・・実に微笑ましい・・・。
家族・・・いいもんですなぁ。

私も一昨年になるのであろうか、家族を持つ一歩手前までいったのだ。
それも、かなりの大家族のようである。
ボホール島に移住するのか真剣に考えたものだ・・・う~ん・・・そうでもないか。
六本木の領事館まで2人で行った事がつい最近のようなのだが、もう1年以上経つのだな。
月日の流れるのは早いものです。
結局、書類が1枚足らなかったので、結婚までには至らなかったのだが・・。
書類が揃っても、その後の入管の手続きで挫けそうだったけどね。
でもね、今になって考えると書類が足りなくて良かった・・・が、本音なのだ。

そういえば書類が届いた時に彼女が初めて自分の本名を知ったという凄い話もありましたな。
25年間、偽名だったってことだもんな。
学校もその名前で通したらしい・・・というか父親以外の家族はそれが本名だと信じていたのだから仕方ない事なのだが。
新しい名前(本名なのだが)を知って彼女はこう言いました。
「ワタシ コノナマイ スキジャナイヨ」
「ほう、何という名前だったんだね?」
「ロデリン ダッテ カワイクナイヨ」
「ロデリン?かわいいじゃない・・・ちょっとデロリンマンみたいだけど・・・」
「デロリンマン ナニ? オトコデショ?MANデショ?」
「そ・それは・・・日本のアニメのハンサムボーイですよ、へへへ」
「ゼッタイ ウソネ」
落ち込んでいる彼女に図らずも追い討ちをかけてしまった。
だが、なぜそのような事になったかというと、父親が彼女の名前を役所か教会か知らんが、届けに行って、家に帰ってきたら、その名前をすっかり忘れてしまったらしい。
他の家族に、何という名前にしたのか問われて適当な名前を言って、以来そのままだそうだ。
まったく、いい加減というか、ザックリした国ですな、比国というのは。
それでは、また。

「I Try/Macy Gray」 好きですねぇ・・・。

[PR]
# by takakinger | 2008-11-05 23:54 | Comments(0)

愛のCARNIVAL

e0155560_17241284.jpg←チョップ魔神の眼力・・・玄武岩である。

お久しぶりに夜間パトロールに出動した。
「○」へ行くと、なめだるま社長がいて、合流。
すると、座ってすぐに、隣の女性に話しかけられた。
もちろん、存じあげない方だ。
「あのう、KISSのHard Luck Woman歌ってくれませんか?」
「・・・?」どういう事だ?一瞬、何を言われているのか解らなくなる。
どうしてここで、どうして私が・・・。
ここはカラオケなど無いし、普通の居酒屋である。
「いやあ、メイクしてないからなぁ、ははは」
「大丈夫です、お願いします」
彼女の眼差しは何か思いつめたように真剣そのものだ・・・ジョークではないらしい。
・・・う・歌わねば・・・。
「♪はぁ~どらっくうぅ~ま~ん・・・無理っす・・」
「あ・あの、サビだけでもいいんです」
「・・・今のがサビだったんですけど・・・」
「そうですか、ありがとうございます」
未だに謎である。

「○」を出て春風のよう「ブコ」の前を通り過ぎると、後ろからマスターのウヒョが突風のように追いかけてきて拉致される。
「ブコ」で今後の日比の友好関係などについて語り合う。
そのうち話題が、新所沢の夜の比国民調査を怠っている状況をこのままにしておいていいのか?という話になる。
私達が良くても世間は許さないのではないか?
ということで、本物志向の私達は「CARNIVAL」へと調査に向かったのだ。
兄貴の店ではない、お姉ちゃんの店である。

e0155560_1642455.gif


「CARNIVAL]の店内には客が1人だけ・・・思わず帰りかける。
指名も店に任せて席に着く私達であった。
ほどなく現れた2人のピーナを見て・・・思わず席を立ちそうになる。
しかし、紳士である私達は、心の動揺を表情には出さず、向日葵のような笑顔で彼女達を迎えるのであった。
私の横に座った子は、ボラカイ島出身の初来日で日本語がまったくと言っていいほど喋れない。
不毛の時間が流れる・・・するとそれを察知したのか、CARNIVALの大黒摩季と言われるMIKI嬢が登場。
「ブイセット!」(むかつくのような意味らしい)いきなりである。
2丁目の兄貴達につけられた不本意なニックネームが線路を越えた、ここにまで浸透しているとは・・・。
「ネェ、タカ・ブイセット、コノ オニイサンノ ナマイハ?」社長のことだ。
「彼はねぇ、アソ(犬)と言うのだよ」
「そうです、私はアソです」と骨付きソーセージの骨を舐めなる社長・・・だいぶ、基礎が出来てきたようだ。
比国姉貴3人に、弄ばれ延長までしてしまう、お父っつあん2人であった。

最後に「楽蔵屋」へ行くと「MOJO」の歩く玄武岩、チョップ魔神夫妻と会う。
仲がよくていいですな。
魔神は奥さんに愛されているのが良く解る。
羨ましい限りですな。
少しでいいから、幸せを私にも分けてください・・・しくしく。
そろそろ、酔いがまわってきたようなので、私はお先に失礼したのでした。
[PR]
# by takakinger | 2008-11-04 17:31 | Comments(2)

海鞘が好き

e0155560_15535033.jpg
←美しいと思います。1920年、大正かなぁ。


ハロウィンも終わり(何もしないけど)11月も3日目です。
2008年も、あと2ヶ月をきりました。
来年こそは・・・言うまい。
来年の事を言うと鬼畜が笑うと言いますからな。

ここのところ飲酒をしていない。
29日が最後だったかな?
その日は、弱気な酒を飲んで、マサキ君に迷惑をかけてしまった。
私もだんだん正しい酔っ払いになっていくようだね。
気をつけよう。
そういえば、2丁目も行ってないねぇ。
いつもなら「今週あたり、時間があったら行ってみるかな」なんて感じなんだけど・・・。
そんな気がおきないのだ。
う~む、いよいよ私も2丁目を卒業かな?

さて、11月のライブを老いのために回避した桃魂である。
次は12月13日(土)の予定です。
入間市駅の近くの野外らしい。
もちろん無料であります。
無料のライブの時の桃魂は燃えます。
(やる気で燃えてるわけじゃなくて、酒を飲み過ぎて盛り上がっているだけなのだが・・・。)
夏の過酷な野外ライブを乗り切った桃魂に、冬の野外という新たな試練がつきつけられたぞ。
寝たら死ぬな・・・。

その次は1月11日(日)に新所沢Peggy Dayです。
ハッシュ吉田の企画のライブのようだが、私は詳細はよく知らんのです。
これはチケット出すんだろうね。
私はこの日は、JET親方に代わりに弾いてもらいたいんだがなぁ。

続いて2月7日(土)「ひょっとこライブ」これもPeggy Dayです。
この日は選曲がいつもと違うと思いますので、面白いのではないでしょうかね。
バンドも多数出るらしい。
このライブも恒例の泥酔ライブなのですね。
ん~、でもまだ来年の事ですから詳しい事が分かり次第お知らせします。
あっ、来年の事、言っちゃった。

さて、今日はどこへ行くかね。

もうすぐクリスマス・・・早いか?
2丁目はこの曲の季節でありますな「Boom Tarat Tarat/Willie Revillame」ブン、ブン、ブン♪


[PR]
# by takakinger | 2008-11-03 16:01 | Comments(0)

緑の亀

e0155560_2132340.jpg
←昭和20年代の女性・・・いつの時代にも綺麗なひとはいるもんだ。

幸せな日々は長くは続かない・・・。

とある冬の午後、私は友人の脳天直撃バンドのギタリスト、リッチー・坂本氏らと高校の同級生O君を訪ねたのだ。
彼の家に行きドアフォンを鳴らしたのでした。
ピンポ~ン・・・「は~い」という声とともにドアが開く。
ガチャ・・・・「あっ・・・・」
「えっ・・・・うそ・・・」
そこにいたのはTちゃんでありました。
つい3日前に会ったばかりだ。
しかし、そこではリッチー氏もいたため、お互いに何となく他人のふりをしておいた。
O君の部屋へ行き何事も無かったように、バイクの話などしていたのだ。
だが、先程の出来事が気になる私は「あのさぁ、さっき玄関に出てきた子は誰?」と聞いたのでした。
「ああ、妹だよ」
「・・・・そ・そうなんだ・・・妹がいたんだ・・・」
「ブスだろう?」
「そ・そんな事はないよ・・・お・お兄さん・・・」
「えっ!」
「い・いや・・・何でもないっす」
さすがに、友人の妹とお友達の関係を続けるわけには行かない・・・。
いや、お友達ならいいが、それ以上の関係になるのを恐れたのでした。
その後、電話で「もう会うのはやめよう」という事になり、私達の甘酸っぱい関係は終わりを告げたのだ。
その後、もうひとりのKちゃんとも何となく会いづらくなって自然消滅となる。
これが21歳か22歳の頃の話。
今考えると、よく手を出さなかったと思うよ。
そして、この頃から私の女性関係は乱れていき女性から「鬼」「鬼畜」と呼ばれるようになるのであった。

何故今頃になって、こんな事を思い出したのかよく分からないのだが、今となっては、いい思い出ですな。
青い春でありました・・・しくしく。

泣きたい時はこれを聴きます。ん?2回目かな?

「カンフーレディ/?」本当は高田とも子だったと思うがこの声は違うね。陳氏太極拳!アチョ~!

[PR]
# by takakinger | 2008-11-02 21:50 | Comments(0)

黄金大王の青春

e0155560_12442142.jpg
←ま・まんちから・・・??

さて、彼女つくりを諦めてはや2年・・・早かったね。
途中、彼氏を作りそうになりながらも、なんとか理性を保ち今日に至るのであった。
これでも昔は彼女がいたこともあるのだが・・・信じてください・・・。

若かりし頃、私は某西友という所でアルバイトをしていました。
その時も売場には私目当ての従業員、客がけっこう来たものだよ、ふんふん。
ある日、仕事中(私は閉店後の品出しなどをやっていた)に電話がかかってきた。
「Tといいますけど、今お時間ありますか?」
「私は、いつでもお時間あります」と担当売場の生理用品を握り締め爽やかに返事をしたのでした。
「あ・あのう・・・今、西友の下にいるんですけど、会ってもらえませんか?」
こ・これは・・・何というか・・・素敵な展開になるのか?
ここは、あせってはいけない。
「はあ、かまいませんけど、では従業員通用口の前で5分後に」
「あ・ありがとうございます、では後で・・・」
冷静さを装った私だが、手にした生理用品は握りつぶされ売り物には出来そうになかった。
しかし、ここで嬉しそうに時間通りに会いに行くような私ではない。
少し焦らしてやるほうがよかろう。
そう思った私は、時間通りには出て行かず、5分後と約束した所をたっぷりと焦らして、5分30秒後に、そよ風のようにその場へ向かったのであった。
女心を知り尽くした者だけが出来る小粋な作戦である。
その場所へ行ってみると・・・誰もいない・・・。
ふざけてはいけない。
せっかくの焦らし作戦が台無しではないか。
もしやこれは私のモテモテを嫉妬したバイト仲間の陰謀か、ドッキリか・・・。
暫くすると、2人の女子が現れた。
ん?・・・焦らされたのは私の方でないかい?恥ずかしい・・・。
まぁいい・・・彼女は1人で来るのが恥ずかしくて友達に付き添いでも頼んだのか?
「こんばんは」と2人。
か・かわいいじゃないか・・・2人とも・・・どっちだ!どっちなんだ!どっちでもいいぞ!
来なさい!
「あのう・・・Tです、お友達になって下さい・・・」
髪がショートの方の子が言う。
友達・・・なんなら最初から特別な関係でもへっへっへ・・・などと私は絶対に思わない私なのだ。
「はあ・・・友達と言われても、私はあなたの事知らないですし・・・」
いい!知らなくてもいい!全然OK!・・・とは言えん。
「お願いします」
「まあ、そこまで言うのならねぇ・・・私だって鬼じゃないんだから・・・」
すると、もう1人のストレート・ロングの女子が「あのう・・・私もいいですか、あっKです」
・・・ゆ・夢か・・・お友達2人・・・モテモテではないか。
その時、脳裏に「3P~愛のトライアングル」という言葉がうかぶ・・・厭らしい意味ではありません。
彼女達は高校生で学校は違うが中学の同級生だそうだ。
「ま・まあ・・・1人だけというのも何ですからね、へへへ・・・いいっすよ、へへへ」
それから暫く2人と交互に逢瀬を重ねる日々が続くのであったのだが・・・・。

つづく

「I’d Rather Go Blind/Etta James&Dr.John」 う~む、しみるねぇ・・・がっぷり四つだねぇ・・・。


[PR]
# by takakinger | 2008-11-02 13:29 | Comments(0)

地道な出発

e0155560_6532379.jpg
←吉沢明歩・・・ううっ・・・まったく最近のAV女優ときたら・・・。。

今日からスタートしたシーズンⅢでありますな。
誰にも教えていないので訪問者は0である。

昨日は金曜日なので、いつもなら夜のパトロールなのだが・・・どうも外に出る気がしない。
引きこもりの前兆なのか?
家にいて好きな音楽を聴いたり、本を読んでいる時が最近では一番落ち着くのだ。
大人である。
ナイスミドルである。
大人にしては長髪である・・・べつに伸ばしたいわけではない。
床屋へ行こうとすると満員なのだ。
ちなみに私はQBファンなのであります。
なんたって10分で終わるのが良いではないか。
だが銀座にいたころには、近所に3軒あったQBが高田馬場では無いのだな。
仕方なく新所沢のパルコの所へ行こうとすると満員なのだ。
これが、私の長髪化の原因となっているわけだね。
もう1年以上髪の毛を切っていないぞ・・・。
そうやって散髪の機会を逃しているうちに髪は伸び放題である。
今なら大銀杏も結えるかもしれないっす。
困ったものでありますなぁ・・・。

さて、本日から巷では3連休ですな。
漫喫にでも引きこもりやしょうかねぇ。
おっ、「レッドクリフ」が今日公開ってか?
観てえんだけど、絶対に混んでるに決まってらあね。
あたしゃ、どうも人がいっぱいいる所は嫌えだからなぁ。
もうちっとしてから行くとしやしょうかね。
するってえと、やっぱ漫喫か?
この前は自由空間ってえとこに行ったから、今度はグリーンハイツの2階へ行ってみるとするかね。
う~む「地道」というより「地味」だね、こりゃ。

「Push The Button/Sugababes」これはショータイムとラブ兄貴を思い出しちゃうねぇ。


[PR]
# by takakinger | 2008-11-01 07:15 | Comments(3)

シーズンⅢ

e0155560_1758591.gif←ちくわぶ・・・怪しい食品だ。

シーズンⅡが昨日で最終回を迎えたばかりだというのに、今日からシーズンⅢが始まっていいものか?
昔、桃魂が客の入りが悪い時に使った「解散ライブ作戦」のようだ。
解散するというと、お客さんも「最後じゃしょうがねえな」などと言ってチケットを買ってくれるのだな。
しかし、5回目の解散ライブあたりから誰も信じてくれなくなったのだ。

実は以前のブログが容量がいっぱいだったらしい。(なめだるま社長談)
んで、こちらへ引越しというわけです。
なんか、yahooより、こっちの方が豪勢である。
心機一転、音楽ブログとして、こそこそと再スタートというわけですな。
まぁ、今までのように毎日更新は無いと思います。
のんびり、ホテホテと行きたいものです。
「キツイ奴ら」の吾郎さん(知らないかな?)ではないが、やはり人生「地道」ってこってすかね。

今日はグーグルのストリートビューで遊んでみた。
新所沢を散歩してみたが、この映像はたぶん、去年の冬あたりの映像ではないかい。
「高山食堂」がオープンする前の店が映っていたからね。
航空公園では、駐車場に停めてある私の車が映っていて感動したぞ。
結構、面白いものです。
プライバシー問題も言われてるようだが。
そうだ!誰か私の車を買わないかねぇ・・・。
平成11年のエルグランドなんだが・・・。
あと生ゴミ処理機も・・・未使用なんだが・・・。

え~っと、11月15日に予定していたライブですが、最近月1回ペースで疲労が蓄積しているため、無しになりました。
[PR]
# by takakinger | 2008-11-01 03:38 | Comments(2)

禁じ手乱発


by takakinger
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30