へら

takakinger.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

紅白歌合戦

e0155560_10314528.jpg

大晦日といえば紅白歌合戦である。

見ますか?

私は何年も見てないのですが、今年はAKB,SKE,NMBの48シリーズが出るそうだ。
よく分からんのだが、48人出るのか?
3チームで144人出るのか?
一昔前の紅白出場者全員の人数より多いのではないか?
楽屋は足りるのか?
紅組トイレは大混雑ではないのか?

まあ、いいわい。
見ないから。

さて、今年も今日で終わるが、今年は今までになく老いを実感した年であった。

来年は更にその傾向が強くなるだろう。

周囲に迷惑をかけないように生きていかなければ…。
余計な事は口にせず、いつも微笑みを忘れず、皆から嫌われないように埼玉の片隅でひっそりと暮らしていくのだ。
[PR]
by takakinger | 2013-12-31 10:31 | Comments(2)

おっさんインお姫様風呂

e0155560_124174.jpg

今日は一日「あまちゃん」の日でごわす。

その前に朝風呂でごわす。

いいね朝風呂。

休日ならではの楽しみでごわす。

今日の入浴剤は「お姫様風呂シリーズ」の「薔薇しずく」ですたい。

もちろん自分で買ったものではない。
マサキ嫁からの頂き物でごわす。

袋には
「瞳とじれば ベルサイユの薔薇園」
「気高く薫る 薔薇しずく妖艶乳桃色にからだごとしっとりとろけてお姫様気分」
と、これでもかと自慢気に書かれている。

色的には乳桃色(乳頭ではない)というだけあって薔薇というより苺ミルクのようだ。

白い浴槽いっぱいの苺ミルクに上気したおっさんの頭部ポッカリでごわす。

年末に相応しいほのぼのとした光景でごわす。
[PR]
by takakinger | 2013-12-30 12:04 | Comments(0)

よいお年を

e0155560_9252673.jpg

「ディア・ハンター」を睡魔と闘いつつ見終わり、「ネイビーシールズ」を観賞。
これ、面白かった。
ストーリーはどうということないが兵器、装備などがかっこよかった。
海中の潜水艦の空撮はいい画だったな。

しかし、聖なる夜に戦争映画3本というのもなぁ…。

TSUTAYAに返却し、次は何を借りようかと吟味したが、「許されざる者」…とても重そうだ…。
「サイレントヒル」…1作目は観たし、ゲームもやったのでパス。
怖いからではない!
だが「サイレント・ヒル」…これが日本にあったとは…。
日本語に直訳すると「静岡」ではないのか…。

私、サイレントヒルには何回も行っていたのだ…主に伊豆方面であるが。

で、借りてきたのは「絶対に笑ってはいけない空港」「紙兎ロペ3」というとても心暖まる作品であった。
[PR]
by takakinger | 2013-12-29 09:25 | Comments(0)

クリスマス

e0155560_12215886.jpg

メリークリスマス…ということで「戦場のメリークリスマス」を観ました。

この映画って女性がまったく出てこないのだね。
男祭り映画である。
ジョニー大倉、カマ掘って切腹…いいのか?
キャロルじゃないのか?

音楽はいいね。
坂本教授、さすがですな。
さて、クリスマスも終わったので、次は正月に向けて、餅でも食べながら「ディア・ハンター」でも観ようかな?
げっ!3時間もある。
[PR]
by takakinger | 2013-12-26 12:21 | Comments(0)

I崎家の祖父

e0155560_218620.jpg

I崎君とI崎君のお爺ちゃんと銭湯に行きました。
平日の昼下がりの銭湯はとても空いていました。

僕とI崎君はツルツルの小学生なのでぬるい方に入っていました。
I崎君のお爺ちゃんはモジャモジャの大人なので熱い方のお湯に入っています。

「おい、K治(I崎君の名前)ちょっと来てごらん」
I崎君と僕は熱い浴槽の脇まで行きました。(二つの浴槽は隣接しています)

ぬるい方のお湯は明るいグリーンで、底までみえます。
熱い方は抹茶のような濃いのグリーンで中まで見えません。
なので、とても深そうに見えたものです。

「いいか?よく見てろよ!」
いったい何がおきるのか?
「うりゃ!」
すると、お爺ちゃんの前の水面にボコッと泡がたちました。
「な〜んだ、おならじゃん」
「いやいやK治、お爺ちゃんは、おならを何回でも自由に出せるのだよ、ほれ!」
ボコッ…ボコッ…ボコッ…。
「おおっ!すげえ〜な、お爺ちゃん!」
「じゃあ最後にでっかいのを出してやろう…うりうりうりうりゃ〜!あっ…………」

「お爺ちゃん、出てこないよ?」
「………」
「ねえ、お爺…」
「しっ…静かに…さあ、もう出ようかね…」

お爺ちゃんが浴槽を出ようとしたときに、お爺ちゃんの尻の後をカルガモの子供のように追いかけてきて一瞬のうちに風呂の藻屑と化して沈んでいったヌラりとしたあのブツをI崎君と僕は見逃さなかった。

3人は急いで服を着て、コーヒー牛乳も飲まずに現場から逃走したのだ。


何年かして、件の銭湯は一度も行かないうちに無くなっていた。
[PR]
by takakinger | 2013-12-15 02:18 | Comments(2)

ハァハァ

e0155560_0563021.jpg

「ちょっと、飲んでみ」

「ちょっと…間接キスしてみ…」

……じゅん。

「おっちゃん、なんぼでも飲んだるでぇ〜、ゲロ吐くまで飲んだるでぇ〜、胃液吐くまで飲んだるでぇ〜!」
「なんなら直接口吸うたろかぁ〜!おっちゃん、それでもかまへんでぇ〜!えっ?アカンかぁ〜?アカンんのんかぁ〜?そら殺生やでぇ〜」
[PR]
by takakinger | 2013-12-14 00:56 | Comments(2)

透明度は大事

e0155560_9212876.jpg

海は透明度が高いほうがいい。
安心感があるし水質もよさげに見える。
夏の湘南など水深30センチメートルで水底が見えなくなる。
水中に何が潜んでいるか分かったものではない。

海水浴も命懸けである。

「わ〜い、海だあ〜」などと勢いよく海に入ると、そこには長い毒針を持った「ガンガゼ」が待ち受けているかもしれない。
猛毒イモガイ「アンボイナ」が毒銛で襲ってくるかもしれない。
「オニヒトデ」がいる可能性だってもある。

そこを命からがら突破して水深2メートルになり、海底に足がつかなくなり危険な奴等を踏んづけなくてもよくなる。

が、しかしである。
そこには「ヒョウモンダコ」「オニダルマオコゼ」等泳ぐ危険水族がいるかもしれない。

だが、一番怖いのはクラゲである。
「キロネックス・フレッケリ」…ティッシュペーパーのような名前だが、これにやられたら死ぬな。
成人男子で死ぬまで3分である。
一匹で60人分を逝かせる毒をもつのであった。

これ等の生物が近づいて来ても水が透明なら対処ができるが、濁っていては逃げようがない。

このような危険を回避し水中かは逃れ浜に戻ってきて「ホッ」と胸を撫で下ろしていると、なにやら可愛げなカニが「ねえ、私を食べてぇ〜」などと媚びをうってくる。

騙されてはいけない。
こいつは浜の刺客「スベスベマンジュウガニ」である。(毒蟹に食べ物の名前をつけるのもどうかと思うが…)
漁師のおっちゃんに「これ、食うたら死ぬでぇ〜」と言われなければ毒があるとは分からないであろう。

海は危険に満ちている…。
ん?
おかしい…。
水の透明度から風呂の話になるはずだったのに…。
危ない水族の話になってしまった。
[PR]
by takakinger | 2013-12-13 09:21 | Comments(0)

広東麺が好き

e0155560_1211919.jpg

N亭という店に行った。
こことY家は夜中にラーメンが食べたくなったときに24時間営業でありがたいのである。

ちなみに、この日行ったのは昼間である。

一人なので、8人ほど座れるカウンターの奥から2番目に座り、広東麺をたのむ。

カウンターの客は他にはいない。
テーブル席も空いている。

広東麺も運ばれてきて、貴重なウズラの卵をいつ食べようか迷っていると、客(53、配送業)が一人入ってきた。

彼は何も躊躇することなく私の左隣にすわったのである。
「麻婆丼大盛と餃子4ヶ!」
おおっ!凄い食欲だ。
ここの餃子はとても大きくて外人が見たらクロワッサンだと思うに違いない。

つ〜か、なぜ私の隣に座るか?
他に空いているであろう。
知らない人が見たら二人組の客である。
とても居心地が悪い…。

それから5分後、また客(61、無職)である。
「お好きな席へどうぞ」という女子店員の声を聞き流し、その客は私の右隣へ座った…。
「熱燗と餃子2ヶ」
ほぉ〜っ、昼間から一杯ですか、おつですなぁ…。

てか、ふざけてはいけない。

だから、なぜ私の隣に座る?
そこが、お好きな席なのか?
確かにカウンターの一番奥というのは人気があるが…。
え〜む…自分でそこに座ればよかった…。(悔)

両手に花なら大歓迎だが、両手にお父っつぁんである…大迷惑だ。

しかし、なぜ私に寄ってくるのだ?
あんたらは砂鉄か?
一人にしてくれ!

8人掛けのカウンターに右端から3人のオッサントリオが座っている…左の5席は空席である。
知らない人が見たらALFEEである。(私は真ん中なので坂崎というところか…。)

まったくもって居心地が悪い…。

後々、考えるに、最初のオッサン(高見沢ですな)は、なかなかの常連ぽかった。
たぶん、いつも座る席に私が座っていたので私を懲らしめるためにそこへ座ったのではないか?
二人目のオッサン(桜井ですな)は、ただ単に端っこが落ち着くという理由ではないか?
酒も飲んでいたし。

う〜…だから何を言いたいかというと……。
広東麺が好きということにしておこう…アバヨ!!
[PR]
by takakinger | 2013-12-11 12:11 | Comments(2)

ツンドラの掟

e0155560_17483280.jpg

寒くなってまいりました。

せっかくの休日も寒くて外出する気にもなりませぬ。

車で出かけても呑めないしね。
なんせ免許証が金色ですからね。

ならば、家で一杯となるのですが、この寒さの中でビールはいかがなものか?

かといって熱燗や焼酎のお湯割りのような熱い酒は面倒である。

どうしようか…。

そうだ!
寒いときは、寒い国の酒でないかい?
寒い国で飲まれている酒なのだから、何かと寒さと相性が良いんでないかい?

で、本日は「STOLICHNAYA」!
そう、ウォッカであります。
椎名誠風に言えばウォトカだったかな?

この無色透明な液体でありますが、なかなかの実力の持ち主と睨んでいます。

さて、明日の朝は爽やかに迎えられるのか?

最近、難波の娘がいいね。
ちなみゆ今日のBGMは「YES」である。
[PR]
by takakinger | 2013-12-10 17:48 | Comments(2)

W杯

e0155560_106519.jpg

W杯の組合せ。

日本はコロンビア(FIFAランキング4位)、ギリシャ(12位)、コートジボワール(17位)と同じグループだそうですな。

んで、日本のランキングはというと。
48位…AKBか!

う〜む…そんなもんなのね。

サッカーに興味が無い私などが思うに、「絶対に勝てんやん」ということになりますな。

なぜ、そんな私がサッカーの話題を取り上げたか?

昨夜、遅くまで起きていたら抽選会をやってましてね。

つい見てしまったのでした。

な〜んでか?

そうです。
司会のお姉ちゃんのFernanda Limaに見とれていたのでした。
[PR]
by takakinger | 2013-12-07 10:06 | Comments(0)

禁じ手乱発


by takakinger
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31