へら

takakinger.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

萌えよケン

e0155560_2341787.jpg←はい・・・そのとおりです・・・。



昨日、仕事を終えて外に出ると、実に良い天気であった。
まだ、明るいし直帰はもったいないのではないか?
野外で、ビールではないのか?
なので、自転車に乗って「蕾」午後の麦酒。
いやはや、なんとも美味い。
時間は16時。
私は、朝が早いので、この時間には仕事が終るのである。

ここで満足して帰ればいいのだが、そこから電車で「まんまる」へ行く。
すると「Baobab's cafe」のケンちゃん登場。
「旦那、耳よりな情報がありやす」
「なんでぇ」
「いえね、これはウチのお客さんの情報なんすがね、KINGの隣に店ができたらしいんですが、なんと萌え系の店っちゅう話なんで」
「なに!それって御主人様とかって呼ばれちゃうやつか?」
「お察しのとおりで・・・ふっふっふ」
「でも、呑めんのかい?」
「酒も置いてあるみたいですけど。9時半には終っちゃうようですね。ビール1000円だそうでさ」
「1000円・・・ま・まぁ、そんなものだろうよ・・・」
「情報によると例のオムライスもあるようですな」
「そ・それってケチャップで、とても素敵な言葉を書いてくれるというやつか?」
「そのようで・・・へっへっへ」
「う~む・・・夢のような話だぜ」
「早速これからお出かけですかい?」
「馬鹿言っちゃいけねえや。八丁堀の旦那がそんなとこ行けるわけねえやな。ママ、会計してくれる」
「おや?旦那、お帰りで?」
「お・・おうよ。明日、仕事だしな。このへんでドロンするぜ。あばよ!」

ケンちゃんには帰宅すると言ったが、まだ7時前である。
その店に行く気もまったく無かったのだがね。
まぁ、時間も早かったことだしね。
その事を教えてくれたケンちゃんの立場もね。(どんな立場なの分からんが)
とりあえず見るだけでもね。
行きたくはないんだけどね。
いちおう、調査もしておかなければね。(何の?)

と思ったら、店の名前を聞いてなかった。
そのビルには何件も店があって、どの店だか分からないじゃないか。
ビルの前には、小籠包のような顔をした怪しい兄ちゃんがいるし・・・。
しかたない・・・今回は断念して、いずれ誰かと調査に赴きたいとキッ!と埼玉の夜空を見上げるのであった。

その後、駅でチカ嬢と会い、腕を捻り上げ無理矢理拉致して「祥龍房」へ連れ込み紹興酒の酌などをさせていたのだが、隙を見て逃走され孤独感に耐え切れず「BW」の兄貴に慰めてもらったことは言うまでもない。


「I Wish You Were Here/Al Green」 最近、Al Greenがいいんだなぁ。

[PR]
by takakinger | 2011-04-29 23:29 | Comments(2)

灼熱

e0155560_2239553.jpg←ふっ・・・延長もしちまったぜ・・・。


白い雲、果てしない青い空。
太陽の眩しさに目を細めながら、深呼吸と供に早朝の香りを吸い込み、こんな事を思った。

・・・・ゲロ、吐きそうだ。

本日は普段なら飲酒日なのだが、父親が来襲するというので自宅待機となってしまった。
かけがいのない休日前の飲酒予定日の夜に来訪するとは、まったく非道な親父である。
だが、こんな事もあろうかと、昨日は入間市のてーげー屋「田MARU亭」で一人酒をしたのであった。
060.gifウイスキーがお好きでしょ~060.gif
ということでハイボールを椀子そばのように続けざまに飲み干していい塩梅であった。
そのため仕事日であるのに二日酔いである。

私の会社はパートのおばちゃんが多い。
始業前に食堂でおばちゃん達は朝の熱いお茶などを飲んでいるのだ。
若いOLなどがモーニングコーヒーなどを飲んでいるのであれば、けっこうな光景なのだがね。
ほのかに漂う香水とコーヒーの香り。
だが、現実はOLとコーヒーではなくおばちゃんと濃い番茶である。
二日酔いでこの部屋に入るのは、なかなか辛いものがある。(喫煙室に行くにはここを通らなければならない)
漂う香りも線香防虫剤の混ざったような、なんと言うかお盆の匂いがする。
二日酔いがさらに悪化していくのが手に取るように分かる。

香りで思い出したが、朝起きたら私の服がとても南国的な良い香りでした。
なぜ?
「田MARU亭」で呑んだ後に酔いを醒まそうと入間市から歩いて帰っていたのだが・・・。
私の目に飛び込んできた60分¥3000!指名量¥1000!場内¥800などの文字。
その横に、南シナ海に浮かぶ天国に一番遠い島、比国の国旗。
嗚呼・・・何ということでしょう・・・。
その看板は「クーヤ オイデ」と私に誘いかける・・・。
素面の私ならそんなことに惑わされる事も無いのだが、すでに正しい酔っ払いと化している私には抑えがきかないのであった。
この気持ち・・・わかるものには分かるであろう。
「イラシャマセ~」
「お・・おとな一人・・・」(掴みのギャグはだだすべり・・・)

行ってしまいましたよ。
禁断の夜のブラックホール比律賓パブ
キャッチコピーも「入間市灼熱指定都市」だ。
ふっ・・・なかなかどうして灼熱の夜であったぜ。
調子に乗って乳を触ろうとしたら、フォークでチンコを刺されたぜ・・・ふっ・・・。

「Valleri/The Monkees」 Daydream Believerよりこっちが好きだったような。

[PR]
by takakinger | 2011-04-26 22:54 | Comments(2)

国際交流

e0155560_1542649.jpg

野球も始まりました。
私は野球場は巨大ビアガーデンだと考えております。
この写真のように、西日が思いっきりあたってくる時間くらいからビールを飲み始めるのが好きでしたね。
でも今は、球場には屋根が付いたり、禁煙になったりしてから全然行かないのであった。
写真はピッツバーグ・パイレーツの本拠地、PNCパーク。



眠いっす。
最近の睡眠時間3~4時間だ。
ちょっと少ないかな。
今日は、全力で熟睡してやろうかね。
「寝る子は育つ」と言いますしね。
あっ・・・子供じゃないから、もう育たないですな。

そういえば一昨日の夜、携帯に電話があった。
私の携帯に掛かってくる電話の70%は異国の人々だ。(女子&兄貴の場合。男は日本人ばかりである)
なかなかインターナショナルではある。
なのでまず、どこの国の人間か見極めなければならない。
次に兄貴かを判断する。
相手はこう言った。
「ヒサシブリ オボエテル?Yデスゥ」(ここでが判明)
はっきり言って覚えてない・・・。
「もちろん覚えているよ・・・あ~、何だっけ店の名前・・・え~と・・・」
「PARADISEダヨ」(ここで性別が判明)
「あ~、そうそう。そうでした。」
まだ、分からない。
だが、ここは日本代表として引き下がれない。
「ワカッタ~?」
「あ・ああ・・・分かったよ・・・確か本名がMちゃんでしょ?」
「アイ~ ホントノナマエマデ ヨク オボエテルネ」
言ってみるものである。(適当に言ったら本当に当たった。)
「1ネンハン ピリピン カエッテタノ  マタ ニホンキタヨ」
原発怖いで、みんな帰国しているこの時期、日本に来るとは、いい度胸である。
「コンド ゴハン イコ」
お決まりのセリフである。
私だって、ポッと出じゃありませんよ、セミプロですからねぇ。
緑町2丁目ではアナコンダのご隠居と怖れられていたものだ。
「う~ん、時間があったらね」
断わりもせず、行くとも言わない。
「ヤスミ イツゥ?」
「ウェンズデイとサンデイあるよ」
なぜか中国っぽく答えてしまった。
「イマ バハイ ドコ?」
「入間市あるよ。」
あっ、また中華風・・・。
「アコ モ イルマアルヨ ヘヘヘ」
なかなか対応力のあるアテだ。
「でも、呑むほうがいいなぁ」
「OK!イイヨ」
「あっ・・・そ・そうですか・・・」
「ジャ トイザラスノマエデ マテルヨ シッテル?」
「え・ええ、まぁ・・・」
「デモ オサケノムト クルマ ダメヨ」
「アイノウ、だから、ゴーバイウォーク」
英語と日本語が混ざって、なんだかアイドル歌謡曲のようになってしまった。
「OK!ジャネ バイ」
まぁ、結局は行かないであろうことは分かっている。
なぜって?
日時を決めるのを忘れているぞY姉さん。


いま、ちょぼらうにょぽみが気になる。

「Let's Stay Together/Al Green 」名曲だ。おっ、ギターはP.Floydのおっさんではないか。

[PR]
by takakinger | 2011-04-24 15:44 | Comments(0)

ゴルゴ53

e0155560_17435138.jpg←素敵なヘアースタイルだ。



昨日はめずらしく休みの前日だというのに飲酒をしなかった。
夜には、新宿2丁目の蕎麦職人のSさんから「BW」にいるので来ないか?とのお誘いもあったのだが22時過ぎだったので断念した。
おかげで、とても気持ちの良い目覚めであった。
爽やかな休日の朝に、いきなり感無量だ。
この調子で本日も飲酒などせずに、日曜の続きの掃除などをしながら健康的に過ごすのもいいのではないか?
などとソファーにもたれビールを飲みつつ考慮する。
・・・・・飲んどるではないか。

まぁ、掃除もしなければいけないのだが、面倒でもある。
う~む・・・どうするか・・・。
なので、今回は掃除は面倒くさいというピュアな気持ちを大切にしたいので掃除はまた後日だ。


さて、そろそろ床屋へ行かなくてはな。
2年ほど髪を切っていなかったのです。
べつに髪を切るのがいやなわけではない。
床屋が苦手なだけなのだ。
無防備な体勢で椅子に固定され、背後の相手は何種類もの刃物を持っている。
これは怖い状況じゃないのか?
もしかして床屋は仮の姿で、本当は某国の殺し屋スコルピオンなんてやつかもしれない。
よくマフィア映画で床屋で暗殺されたりするじゃないですか。
ゴルゴ13のように「俺の後ろに立つな」とも言えないしね。
覚悟決めて行ってきますかね。

んで、髪を切るにあたって問題なのは、どんな髪型にするのか。
今までの経験では、髪型の要望を伝えるのだが、どうも意思の疎通がうまくできないようだ。
自分のイメージした髪型と、どんどんかけ離れていくのが鏡を見て分かる。
「あっ・・・あぁ・・・そ・それは切り過ぎではないのか・・・」と心の中で叫ぶのだが、あくまで心の中なので彼には通じない。
もし、そこで「ちょっと切り過ぎなんじゃないかね」などと言って、スコルピオンの機嫌を損ねたりしたら大変なことだ。
なので店を出るときには大体「こんなはずではなかった」という思いでいっぱいになってしまうのだねぇ。
だから最近では「適当にこのくらいの長さで、へへへ」などと言うのが常です。(最近といっても2年前であるが)

・・・・・あばよ!

「Needles and Pins/Tom Petty and Stevie Nicks」

[PR]
by takakinger | 2011-04-20 17:48 | Comments(0)

紫モスラの最期

e0155560_21454599.jpg←今度、狙われるのはスカイツリーということになるんでしょうな。


今日は、仕事に自転車で出動しました。(なんか、最近自転車の話題が多い)
家を6時20分に出る。
今朝はちょっと寒めでしたけど、気持ちのいいものだ。
昔は、この時間は帰宅時間だったりしたものです。
その頃に比べると健康的になったものだ。
ラヂオ体操第2でもやっちゃおうかしらね。
しかし、朝の6時半の藤沢なんて静かなものですよ。
すれ違うのは犬の散歩のご隠居くらいである。

いつものように裏道を走っていると、なにやら色鮮やかなものが道路に落ちている。
それも3つ。
落し物か?
横を通り過ぎる時に確認してみるとアダルトビデオ(VHS)のケースであった。
なんだかなぁ~。
早朝の清々しさが吹き飛んで侘しい気分になってしまうではないか。
昔の私なら、「おおっ!これは良いものを見つけた」などと思い、股間がじゅん・・・となったかもしれない。
もちろん、今ではそんなものに興味を惹かれて拾うような私ではないのであるがね。
ま、見なかったことにして朝の空気を胸いっぱいに吸い込んで走る。
ヤニだらけの肺が浄化されていくようだ。
最近は、上り坂だって平気だもんね。

すると前方紫色の妙な物体にを発見。
ん?なんだなんだ?
芋か?
大きさは500ccのペットボトルくらいか?
形はモスラの幼虫に似ている。
それがビニール袋に入れられている。
だいぶ近づいてきたのだが、それがなんだか全く分からないのだ。
2メートルまで近づいて、その正体が分かったのだが・・・。
何故、藤沢の高級住宅街に極太のバイブレーターが落ちているのだ・・・。
それも遠目にはビニール袋と思ったが、実際はラップに包まれていた・・・。
そのまま通り過ぎたが・・・とてもシュールな光景でありました。
あれはいったい、どうなったのであろう。
通学途中の小学生が拾ったりしないのだろうか?
ちょっと心配したりしました・・・・というお話。


「She's Gone/Daryl Hall& John Oates」

[PR]
by takakinger | 2011-04-18 21:58 | Comments(0)

じゅじゅじゅん

e0155560_1832239.jpg←お前の青春、あと三日。こんなんも、いいもんです。



ども。
なんか日曜休みが久しぶりです。
午前中から気合を入れて掃除を始めた。
と思ったら、1時間で飽きた。
で、休憩。
それにしても本日も晴天です。
つい休憩でビールを飲んでしまい、掃除は無期延期である。
まぁ、いいのだ。
掃除などしている場合ではない。
これ以上汚さなければいいのだ。

なので、ケーヨーD2まで行ってみる。
ここのところ暖かい日が続くので、家の中では半袖横ちんで過ごしておりますが、さすがに外へ出るのに横ちんはまずいので、着替える。
D2の自転車売場でクロスバイクが1万円を切る値段で売っていた。
これは買いではないのか?
だが、残り1台である。
悩んだ末、給料が出たらということで、指紋をベッタリと付着させてマーキングをしておくことにした。

その後、本屋で奥田英朗の新刊「純平、考え直せ」北沢秋「哄う合戦屋」を購入。
家に帰り、読み始めるが2秒で熟睡。
午前中のビールが効いたのかね。

さて、せっかくの休日だ。
これから入浴して、ビール飲んで、本読んで、「JIN」観て・・・・寝る時間か・・・とほほ。

「十九の春/朝崎郁恵」

[PR]
by takakinger | 2011-04-17 18:12 | Comments(2)

ゼロハンライダー

e0155560_9364286.jpg←本当はこれが欲しいんだ。


どうも。
Perfumeの新曲がまちどおしい今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

いやぁ、5日も連続で出勤してしまった。
以前は毎週のことだったのだがねぇ。

ところでバイク(50cc)が欲しいのだ。
通勤に使いたいんだよね。
スズキのチョイノリというのが安いらしい。
これに乗って爽やかに通勤するチョイノリ親父となるわけだ。
楽そうでいいなぁ。
これからの季節、気持ち良いでしょうな。
バイクといえばヘルメットが煩わしいが、被らないとおまわりさんに捕まってしまうし・・・。
この前も無灯火でレッドカードもらったばかりだ。
自転車の鍵を開けるのに苦戦していれば「これ、旦那さんの?」って訊かれるし。(この時は私服警官でしたが)
職務質問も1回や2回ではないし。
「旦那さん、バッグの中、ちょっと見せてもらえますか?すぐ終りますから」
ふざけてはいけない。
法律で禁じられているものを持っているわけではないが、見せたくないものもあるのだ。
ましてや女子高生が大勢通る駅前でバッグから出したくないDVDなんかもあるのだ。
まったく、どっからどう見たら高貴な香りの漂う好中年の私が不審者に見えるのか・・・。

そこで、おまわりさんを困らせてあげるためにヘルメットに植毛してノーヘル風味に見せたらどうなのか?
「旦那さん、原付もヘルメットを被るんですよ」
「ふふふ・・・なんですって?」
「ヘルメットですよ」
「ほぅ~・・・するってえと私がノーヘルだと?」
「見れば分かるじゃないですか、ではお名前・・」
待ちな!そうまで言うんなら仕方ない。ほ~ら、よく見てごらんな。ヘルメットってえのはこれのことかい?」
そこでスポッと植毛ヘルメットを脱ぐわけですな。
「あっ・・・ああっ・・・こ・これは・・・ほ・本官の・・・ギャフン
いつも私を不審者扱いするおまわりさんをギャフンと言わせてやるのだ。
「どうしました?おやおや、ぐぅの音も出ないようですな?」
「ぐ・・ぐ・ぐ・・・・・ぐぅ
「で・出た・・・」
なんて妄想したりしてますが、実際にはそんなもの作るのは大変ですからね。

ところが、あるものなんですねぇ。(本当かどうかわかりませんが)
e0155560_9132715.jpg







茶髪だし・・・。
なかなかパンチの効いたモミアゲ付きである。
これって、色々なシリーズがあるのかしらねぇ。
私としてはオーソドックスに七三なんかがいいなぁ・・・女性なら日本髪もありかもしれない。
でも、いまだにこれを被ってバイクに乗ってる人を見たことは無いが・・・・。
はっ・・・もしかして自然すぎて気がつかないだけ・・・。

とはいえ、被災地で頑張っている自衛官、警察官の方々、やるときはやりますな。

PS ミラーボール型ヘルメットもいいなぁ。

「I Remember Me/Jennifer Hudson」

[PR]
by takakinger | 2011-04-14 09:53 | Comments(2)

すぅ~

e0155560_21351656.jpg←これがレッドカードだ。(見本)



昨日、暖かさに誘われて「こうしてはいられない」と、ブログ制作途中に、いきなり飲酒へ出かけてしまった。
車で出かけては飲酒運転になってしまうので、自転車で行く事にする。
入曽までの下り坂を春風のように爽やかに走り抜けていく私。
すれ違う、自転車で下校途中の女子高生に「こんにちわ~」と笑顔で挨拶すると彼女は自転車の速度を速めアッという間にはるか彼方へと走り去っていった。
きっと彼女も私の清々しい挨拶に「そうだ私も頑張らなくっちゃ、爽やかな挨拶をありがとう。おじさん」と元気を取り戻し、若者らしく力強く加速していったのだろう。
一瞬、表情が強張ったように見えたのも、いきなりナイスな中年に声をかけられ、恥じらった彼女の初々しさというものであろう。

入曽へ着き「佐賀屋」へ入ろうとすると、そこには先客がいて満員であった。(佐賀屋は3名で満員となる)
なので「蕾」でホッピーを3杯摂取。
立ち飲みも疲れるので新所沢の「まんまる」へ。
実は、ここでも「つるや」へ行きたかったのだが常連さんでカウンターは埋まっていたのだ。
どうも、この日は第一希望の店に入れないようだ。
「まんまる」で飲んでいると、なにやら巨大なオレンジ色のニットの帽子に黄色や緑や赤と色彩色豊かなお姉ちゃんが入ってきた。
まるでニジマスのようだ。
さらにイアン・ハンターのようなサングラスをしているので、本当はお姉ちゃんだかおばさんだかわからないのだが・・・。
お水系の香ばしさプンプンであったな。
最後に「Hobo's」へ行きビールを3本飲んで帰路についたのだ。

さて、入曽まで電車で帰ってからが問題である。
行きは下り坂で一気に入間から狭山まで疾風の如く駆け抜けた私だが、当然帰りは上り坂になる。
えらいこっちゃ。
仕方なくヨタヨタと自転車に乗っていると前方からパトカーが来て停車。
警官1名登場。
「旦那さん、無灯火ですね。消しちゃったの?」
旦那さん・・・確かに桃魂の旦那だが・・・。
「すぅ~・・は・はい・・すぅ~坂道が辛くて・・すぅ~」
「そうですか、でも危ないからライト点けてってくださいね」
「すぅ~・・はい・・じゃあ・・」
「あっ、ちょっと待って。旦那さんレッドカードって知ってますか?」
「すぅ~・・は・はぁ・・サッカーとかで・・すぅ~」
「自転車レッドカードというのがありまして、これを旦那さんにお渡ししますのでお名前を伺ってよろしいですかね」
「すぅ~・・・え・ええ・・」
というわけで、入間基地脇でいきなりレッドカードである。
最初はイエローカードではないのか?と言いたかったが、あまり口を開くとアルコール臭がしてしまいそうなので、ありがたくカードをいただいた。
おまわりさんとの会話で「すぅ~、すぅ~」と行っているのは酒臭さを隠すために息を吸い込みながら喋っているためであることは言うまでもない。

家に帰りレッドカードを見てみると無灯火の欄に〇がしてある。
酒酔い運転の所は無印だ。
ふふふっ・・・すぅ~すぅ~作戦大成功である。
おならすぅ~である。

しかし、昨日は天気が良かったので出かけた私なのだが、今日の方がさらに暖かいじゃないかよぅ。


「Born to be Wasted/009 Sound System」

[PR]
by takakinger | 2011-04-06 21:39 | Comments(2)

むぷ

今日、日・中・比・伯、4カ国対談をしたら頭がおかしくなりそうでした。

なんか、入曽の佐賀屋へ行きたくなってきた。
ちょっと自転車で行ってみようかしらね。
天気もいいことだし、ブログなど書いている場合じゃないのだ。
じゃ!
あとで。


「Are You Lonely/Sahara Smith」

[PR]
by takakinger | 2011-04-05 16:41 | Comments(0)

海底ブルース

e0155560_1522345.jpg←深海sの面々。



4月4日、オカマの日であります。
比国の兄貴達も立派なオカマになるために、これからもオカマ道に励んで頂きたいものです。
ビバ!兄貴!


週末は1日中、BSプレミアムを観ていた。
なかなか面白いんだよね。
今後は受信料を払っても良いかもしれないな。
昨日の午後はビヨンセのライブを観た。
しかし、曲よりもステージ衣装の印象が強かったです。
大層セクシーであった。
もちろん、すぐにビヨンセファンになった事は言うまでもない。

夜は深海の生物の番組をやっていた。
このての番組、けっこう好きです。
一杯やりながら観ていると非常に楽しいっす。
いやぁ、海底は未知の世界である。
怪しい生物がいっぱだ。
ゴエモンコシオリエビというエビが出てきた。
このような名前はとても愛嬌があって好きだ。
長すぎるような気もしますが・・・。
コシオリエビでは満足できなかったのか?
やはりキーワードはゴエモンだったのかねぇ。
深海生物ではないが、スベスベマンジュウガニにしても、いったいなんの冗談かと思ったぞ。
マンジュウガニではいけないのか?
スベスベなのであるという事をどうしても伝えたかったのであろうかね。
まぁ、そんな事はどうでもいいんですがね。

ダイオウグソクムシなどは、なんかカッコイイ。
宇宙の生物のようで、目から怪しい光線などが出そうな雰囲気だ。
魚系のヤツは悪い顔をしているヤツも多いような気がするな。
絶対に深い海の底で何か悪い事を企んでいるに違いない。
なかには笑ってしまうような顔面のヤツもいるが、深海は真っ暗なので笑いも取れないのが哀れだ。
あと、透明のヤ~ツも面白い。
内臓丸見えで、レントゲンいらずである。

しかし、コイツは魚なんだろうなと、見て分かるヤツはいいが、「一体オマエは何者なのだ?」という生物がやたら多い。
イソギンチャクなのかナマコなのか、はたまた動物なのか?植物なのか?
見ただけでは、まったく分からないものが生息しているのが深海の醍醐味ではないだろうか。


1,Sea Pig・・・なるほど納得のネーミングである。

6,Dumbo Octopus・・・オクトパスと言うからには、タコの仲間なんでしょうね。

9,ダイオウグソクムシ・・・これはムシと言い切っているから虫なんでしょうな。

あとは名前さえ分からん。
2,4,7,8あたりは魚であることが分かる。
7は実に人相・・・魚だから魚相か・・・が悪い・・・Hip Hop系が好きそうである。
5,10,11,12あたりになると形状が奇天烈すぎてなんだか良く分からなくて、とても素敵である。
12なんかどう見てもチ〇ポじゃないのか?
兄貴達が変身するために用済みになったパーツを今生の別れと涙ながらに海に流したところ、パタヤ沖で漁師の網に引っかかった憐れなブツ・・・しかも半分イソギンチャクに食われつつある・・・という説がある・・わけはないな。

まぁ、深海には、このように我々の知らない様々な生物がいるわけだ。
写真を見ているだけでも面白いのだが、本物が見てみたいものである。
しかし、いくら本物でも食卓ではお会いしたくないということは言うまでも無い。

ビバ!深海!


「My Back Pages/Bob Dylan」 歌の順番はRoger McGuinn,Tom Petty,Neil Young,Eric Clapton, Bob Dylan, George Harrisonであります。バックはもちろん Booker T & The MG'sが中心である。

[PR]
by takakinger | 2011-04-04 15:56 | Comments(2)

禁じ手乱発


by takakinger
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30