へら

takakinger.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

つぶつぶ好き

e0155560_2303913.jpg←ニコラス・ケイジを見るとM兄貴とナショナル・トレジャーを観に行った事が思い出される。


土曜日に久し振りのバンド練習をした。
私は腱鞘炎になってしまたので、果たしてベースを弾けるものか心配していたのだが、思った以上に弾けたのではないだろうか。
さすがである。
しかし、その影響なのか左手でグーを握ってパーに開くと薬指だけが曲がったままで元に戻らない。
まるで中途半端なグワシである・・・とほほ。


曲もなんとか決まり、あとは本番当日である。
が、会場の入り時間も出演時間も分からない。
今回のライブ責任者はデップ親方なのだが・・・。
分かっているのは、ライブが5日の土曜日だということだけだ。
さすがである。


ジャクソン・ブラウンが来るようだ。
行きたい。
シェリル・クロウと一緒にやるみたいだな。
キャロル・キングとジェームス・テイラー公演も決定したそうだ。
これも良さげである。
席に座って観れそうなので初老親父にとっては魅力的であります。

本日の映画鑑賞は「バンコック・デンジャラス」であります。
う~む・・・ニコラス・ケイジはイケメンなのだろうか?


「フラガール 虹を/照屋美穂」

[PR]
by takakinger | 2009-11-30 23:05 | Comments(2)

忙しい夜

e0155560_2304215.jpg←日曜日の朝、彼女を見るのが楽しみです・・・喝!

最近、サボってるね。
11月に入ってから6回しか更新してませんです。
先週の火曜日でしたかね。
所沢の「ひょっとこ」にいると、F社長が出現しまして、ビートルズを歌って騒いでおりました。
そこからF社長と新所沢へ。
途中でF社長は「Gaia Jasoer」に行きたがってましたが阻止。
でも結局新所沢へ着き、「Mon Cheri」行っちゃいました。
私は行くつもり無かったんですけど、F社長の「トイレ借りるだけだから」の言葉に騙されてしまいました。
しかしF社長、キャバクラってあんな事もしていいのかい?
久し振りに日本人の若いお姉ちゃんと会話して、じゅんとなりましたよ。
ここで「BW」に入管が入ったことを知る。
なんだかなぁ・・・。
その後、盛り上がるだけ盛り上がって、F社長はタクシーで帰宅。
残された私は「Carnival」へ行くしかないじゃないか。
私の隣に座った子はスモーキーマウンテン出身だそうだ。
「コンド ツレテッテ アゲルヨ」
「いや・・・それは・・・」
「イヤ?」
「い・いえ・・・では機会があれば、お願いします」
次に「ブコビッチ」でO社長と会いまして「かにや」へ。
ここの記憶がほとんど無いぞ。
それから「Cream Soda」で果てる。
まぁ、こんな事してるからブログを書く暇なんて無いわけです。
さらに、いまさらですが「TUTAYA」に入会。
DVDなんか借りてますのでPCに向かうことも少なくなりがちなのだ。
で、借りてきたのが「GOEMON」・・・なんだ、ありゃ。
五右衛門の跳躍力たるや人間とは思えない。
垂直跳び50メートルはいってるのではないか?
う~む・・・蚤のような奴である。
江口繋がりで「闇の子供たち」・・・なかなか救いようの無いお話でした。
ロケ地のタイのバンコク国際映画蔡では上映中止になったらしいね。
ありゃあ、タイのイメージアップにはならんもんなぁ。

んで、昨日は「あす香」へ行こうとしたのだが満席。
考えてみりゃ、給料日後の金曜日であるもんな。
こんな時は「蕾」である。
が、ここも入って15分もするといっぱいになってしまった。
仕方なく、電車で新所沢へ行き「Hobo's」へ。
「高山商店」にいた三木君がやっている店です。
壁のタイルがベトナムの食堂っぽくて素敵である。
ここで入管に連れて行かれた「BW」の兄貴達の名前を知る。
でも、すぐに戻ってきちゃう所が彼等の凄い所だ。
次に「香港屋台麺」
久し振りのマスターでありました。
そこから「KING」
今度こそはと期待して行ったが、またも4人。
もう慣れましたけどね。
M兄貴と男同士の会話をしていると「パラダイス」のY嬢から電話。
「キョウハ コナイノ?」
私も男である。
行っちゃいました・・・とほほ。
おかげで仕事は10分の遅刻であった。

ちなみに翌日、Y嬢からのメールがありました。
「キノウノ ハナシ ホントウ? キノウハ アナタ オサケノンデタカラ コンド アサケノンデナイトキ モウイチド イッテクレル」
・・・これは・・・またもや球根求婚でもしたのであろうか・・・。
比国移住計画第2弾なのか!
お酒は怖い!
メール本文の下にY嬢の子供の写真が添付されてあったことは言うまでもない・・・。


「シャ・ラ・ラ/萩原健一」

[PR]
by takakinger | 2009-11-29 02:50 | Comments(3)

e0155560_2038178.jpg←はたして写真を出していいものなのか、迷ったが、いちおう食べ物である事だし・・・。


さて、新所沢で悲しい夜を過ごした私である。
「KING」では出勤している兄貴が4人とか3人とか学級閉鎖のような状態であった。
こんなときはクーヤではなくアテである。
お姉ちゃんである。
「パラダイス」である。
寒い夜こそなにかこう、シューマイの皮に包まれたような南国の空気を体内に吸収してインフルエンザに立ち向かわなければ。
「KING」の2倍はあろうかと思われる「パラダイス」の店内に入る。
ゴージャスなソファーが並んでいる。
これに比べると「BW」が廃屋に見えてくる。
まぁ、それも味があって良いのだが。
席に着きオナベのマネージャーのような方が開口一番「もうしわけありません」
ま・まさか・・・。
「な・なんですか?」
「本日、4人しかおりませんがよろしいでしょうか」
「・・・・・・」
よろしいもなにもその後ろには4人の比女がスタンバっているではないか。
確かにこの日は寒かった・・・。
外に出たくないのは分かる。
しかし、仕事ではないか働けフィリピーナ!
結局、全員指名となる。
もう、こうなったら開き直るのだ。

「アナタ ピリピン 10カイハ イッテルデショ!」
「1回も行った事は無いぞ」
「ゼッタイ ウソネ」
「そんな事で嘘言ってどうするのだ!」
などとタガログ語を交えた会話をしていると、なにやら怪しげな食物が・・・。
「こ・これは・・・・」
「ナンデモ タベテイイ イッタデショ」
「確かに言ったが、これは例のブツではないのか?」
「ソ~ヨ~ バロットヨ~」
アヒルの孵化寸前の卵である・・・。
それが4個も・・・。
「誰が食べるんだね」
「ワタシ タベルヨ オイシイヨ~」
と言って卵の先端の殻の部分を器用に割り中のスープを飲む比国姉さん。
4人のうち2人が好物だと言ったが、あとの2人はどうやら苦手らしい。
「あのう・・・2個余ってますが・・・これは、どなたが・・・」
「クーヤノブンダヨ」
ああっ・・・やはりそうであったか・・・。
「あっ、でも私は玉子が苦手でして、へっへっへ」
「ダイジョーブヨ ハイ」
無理矢理口に押し付けられたバロットの先端から生暖かい汁が・・・。
ぐ・ぐおっ・・・ん?・・・ふむ、美味いとは思わないが思ったよりは・・・。
すると残りの殻を剥きはじめる姉さん。
そして、その全貌を現したバロットの本体・・・な・なんなんだ・・・この塊は・・・。
おおっ!食っとる!食っとるぞ!
「ハイ クーヤ」
「いや、さすがに御本尊は・・・」
「ゲンキニ ナルヨ~」
「な・何!ほ・本当に元気になるのか?ビンビンになるのか?」
「ホントヨ~ ビンビンヨ~ スグ コドモ デキルヨ」
「なんと!子供が!子供を作るには何をするのか知っているのか!う~む・・・ならば・・・」

・・・・なんとも・・・こう・・・不思議な・・・やっぱ・・・もう一生食べなくてもいいような・・・。

その後、ビンビンになったのかどうかは、分からんが歌いましたよ・・・カラオケを・・・それもステージで。
振り付きで「Bulaklak」を・・・。
モモンガの乱舞する上藤沢の夜に私のタガログ語のシャウトが響く、とてもマニラな夜でありました。

「Bulaklak/Viva Hot Babes」 桃魂でやってもよかですか?

[PR]
by takakinger | 2009-11-23 20:46 | Comments(2)

比国極寒地獄

e0155560_21145113.jpg←さすがに無理があるのではないか?中国!


先日「KING」へ行き、兄貴が4人しかいないことに憤慨した私ですが、マネージャーが恐縮していたので、「じゃあ今度来た時は期待しちゃうよ、マネージャー」と八丁堀の旦那のような大人の対応をしたものである。
まぁ、私だって鬼じゃないんですから。
そして今週である。
行きましたよ「KING」
「いらっしゃいませ」
「いやぁ、今日はこの前のような事は無いだろうね、ほっほっほ」
「は・はぁ・・・とりあえず、こちらの席へ」
と・・・先客は1人。
そこに兄貴が1人ついている。
ん?みんな楽屋なのかしらね?
「タカさん、本日はこのような感じになりますが・・・」
「ふむ、どれどれ今日はどの兄・・・・・・・・・・帰る!絶対帰る!
「まぁ、そう言わずに・・・」
ふ・ふ・ふざけてはいけない!
前回4人だったのは水に流そうではないか・・・しかし、今日の3人というのはどういうことなのだ!」
・・・1人減っているではないか・・・。
なんて、ついてないんだ・・・。
指名も何もあったものではない。
う~む・・・全員指名しちゃうぞ!
この後ミエ兄貴に慰められエレベーターまで送られていく私であった。
「ワタシモ イッショニ ノルヨ」
「い・いいんだよ・・・そんなに気を使わなくても・・・1人で帰れるから」
「イイノ イッショニ イクヨ」
「でも外は寒いよ」
すると兄貴が階数のボタンを・・・。
「お・おいっ!今、4階押したろ!帰るんだから①を押すべきだろ!ディバ!」
「ダイジョ~ブ ウエハ イッパイ オンナノコ イルカラ」
「なにを言っておるのだ!女の子なんか最初から1人もいないではないか!」「タカチャ~ン ヒド~イ」
4階に着く・・・。
「イラッシャイマセ~」
「タカチャン サミシイカラ ヨロシクネ~ バ~イ」
「い・いや私は・・・ここに来るつもりは・・・あっ・・・あぁ~・・・」
6人の兄貴(オカマのおそ松くんか!)に包囲され、両替した千円札をまるでポケットテイッシュの如くチップとして配られた私は、2時間後に魔界を出ることを許され、寒風吹き荒ぶ新所沢の街を亡霊のように彷徨うのでありました。
・・・なんて、ついてないんだ・・・・。

「Doesn't Mean Anything/Alicia Keys」きれいっス!アリシア姉さん・・・。

[PR]
by takakinger | 2009-11-20 21:31 | Comments(5)

中老

e0155560_1229731.jpg←ミ・・ミッキーなのか・・・まったく中国ってえ国は笑わせてくれる。


「10キロくらい痩せたんじゃない?」
新所沢の「〇」でN美ちゃんに言われた。
ふ~む・・・自分ではそこまでは感じなかったのだがね。
そういえば以前、購入してサイズが合わなくて着れなかったTシャツなどが普通に着れる。
しかし、あのTシャツのフリーサイズって何なんだ。
こども店長からチェ・ホンマンまで着れるとも思えない。
何度フリーサイズで口惜しい思いをしてきたか・・・。
家に帰ってから着てみると大抵の場合小さい。
私はフリーサイズを超えた規格外の肥満児なのか?
服を買うときは両国へ行かねばならんのか?
着用を断念した服が家には唸るほどあったのだ。
だが今ではそのTシャツが着れるのだね。
ふむ、たしかに痩せたのかもしれない。
そんなわけで最近では、買ってから一度も袖を通していなかった服を引っ張り出して着ています。
ところがシャツは良いのだが下、ボトムがいけない。
特にジーンズ系がベルトをしていないとスルッと足首まで落下してしまう。
やはり、これからはウエストにゴムの入ったものが良いのであろうか・・・。
もしかしてこれは痩せたのではなくて老化で体が縮んできたのか・・・。
なんせ初老であるのだから・・・。
そこで初老とはどのあたりの年齢からそう呼ばれるのか調べてみた。
なんと初老とは40歳になるとそう呼ばれるらしい。(広辞苑)
それによると私は既に初老越えをしていて中老と呼ばれる年齢に達しているのだそうだ・・・。
う~む・・・しかし、50年前には40歳は初老だったろうが、今の認識では60歳前後が初老と言うのに妥当らしい。(デイエイーコンサイス国語辞典・・・今日はためになる話であるなぁ)
なんだ、この定義によれば私はまだ初老にもなっていないではないか・・・赤い玉は出たが・・・。
よし!まだまだ人生これからだ!
ここ何年か女性と接する事(手で立たせる女と書いて接とは卑猥である)に臆病になっていた私だが、これからは武蔵藤沢のジローラモことスーさんを師匠と仰ぎ股間中心の生活(膝中心の生活ではない)で生きていこうではないか。
やればできる!(Hをやれば子供ができるという意味ではない)
・・・最後にシモの話になってしまったが、これは本日の真面目な内容を中和させる意味合いがあるということは言うまでもない。

「Light Of Love/T/Rex」 la la la la la la la la

[PR]
by takakinger | 2009-11-11 12:05 | Comments(2)

う~ん・・・マンダム

e0155560_20203212.jpg←兄貴の店へ行くと、こんなの持ってきます。(BW仕様・・・あっ!ゴリだ!)


この前の水曜日にO社長に「KING」へ連れて行ってもらった。
するとマネージャーが「申し訳ありません、本日は休みが多くて・・・」と例の顔写真の貼ってあるボードを持ってきた。
確かに休みばかりである。
「で、今日は何人いるのだね?」
「4人です」
「・・・わははは・・・冗談はいけない」
「い・いや・・・本当に4人なんです・・・」
「・・・さて、O社長、4階に行くかね?」
「そうですな」
「あぁ~っ、そんなこと言わないで、お願いしますよ」
・・・お願いされては仕方ないか・・・。
「分かりましたよ、あたしたちだって鬼じゃないんだから」
私達以外に1人客が2名。
客数4名、兄貴数4名のマンツーマン体制である。
放置プレイの心配は無い。
う~む・・・淋しいんだかラッキーなんだか分からん。
だが久々の「KING」を満喫いたしました。
O社長様、ごちそうさまでした。
おかげで翌日は2時間の遅刻であった。
最近の真面目な勤務態度のおかげでクビは免れたのだが、代わりに日曜出勤を頼まれた。
断れる状況ではないじゃないか。
なので、今度の日曜は仕事となったのであった・・・しくしく。

しかし、兄貴4人のショータイムを見てみたかったものだね。
「ショータイム、デキルワケナイデショ~」って言われちゃったけど。
そうか!この日なら全員指名という大技も出来たかもしれませんなぁ。

ヤンキース、ワールドシリーズ制覇おめでとうございます。
松井、やるじゃないか!
ワールドシリーズで日本人がMVPを取るとはねぇ・・・。
ちなみに日本シリーズは見てないのでわかりません。
巨人vs日拓ホームでしたっけ?

「I Need You Tonight/Peter Wolf」なんか好きなんですねぇ。

[PR]
by takakinger | 2009-11-06 21:59 | Comments(2)

どすこい!ちゃんこっス!

e0155560_1627426.jpg←桃魂、幻のCD。次は2枚組、豪華写真集付、ベストアルバムにしてえよなぁ・・・。


休日の朝は鍋を洗う事から始まる。
最近、O社長が頻繁に家に飲みに来る。
そして鍋・・・。
前回は「カレー鍋」その前は「おでん」そして昨日は「ちゃんこ鍋」である。どすこい!
相撲取りスッポンポンで風邪ひかんである。
「これからの季節、鍋に限りますなぁ」
「いやぁ、温まりますなぁ。社長、ま、おひとつ」
「ありゃ、これはこれは・・・おっとっと」
「では、ご返杯」
「おっ、こりゃどうも」
「次回、なんの鍋にしますかな?」
「そうですな蟹なんかいいですな」
「お?次回は蟹かに?なんちゃって、わははは」
「うまい!こりゃ一本取られましたな、座布団1枚!わははは」
・・・・・・ふざけてはいけない。
何が悲しゅうて週末の夜に親父二人で鍋なのだ。(カレー鍋の時はデップ親方もいたが)
それも自宅で・・・。
今度は是非「すきやき」にしてもらいたいものである。
「すきやき」は焼物なのか鍋物なのか微妙であるがね。

しかし、昨夜の「うにくらげ」は失敗であったな。

e0155560_16283795.jpg
e0155560_1719789.jpg

いろいろ具材が入っているが、ワシは魯山人風に肉と葱だけでもよい。


先週の万燈であるが、演奏終了後にワシらのファンであるという方があらわれた。
トラ吉君が応対したのだが、かなり年配の夫婦だそうだ。
何でも昨年のワシらのステージをビデオに撮り、家でそのビデオに合わせて歌っているらしい。
何を歌っているのか?
「髭女」「中国人の洗濯屋」がお気に入りとのこと。
なかなかのセンスである。(通ですな)
ここで一句。

桃魂で夫婦円満うにくらげ・・・・波平

う~む・・・とても良い話ではないかい。
その辺の年代に受けるというのは嬉しい事だ。
「CDはどこで手に入るんですか?」
ううっ・・・ワシらのCDが欲しいとは・・・いい人だ、とてもいい夫婦だ。
そんなこと言ってくれたら宅配してもいいぞ。
なんなら自宅まで行って生演奏をしてもいいぞ。
その話をトラ吉君から聞いて、次からは酔っ払わないでちゃんと演奏しようと反省したことは言うまでもない。

「Dancing On The Fire/Superfly」

[PR]
by takakinger | 2009-11-01 16:40 | Comments(1)

禁じ手乱発


by takakinger
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31