へら

takakinger.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

海の家

e0155560_7591232.jpg←最近、小洒落た海の家が多いようだが、やはり海の家はこうでなくてはいけない!
この手の、海の家のシャワー室は大抵薄い木の壁で男女が仕切られているが25%の確率で、その壁には穴が開いている。私は2回ほどありがたいものを拝ましていただきました。
昔、トミーが穴を発見し、友達とそれを覗いて騒いでいたそうだ。
「おお!こ・これは・・・」
「なんと!・・・いやはや」
「南無~」
そこへ1人の若者が近づいてきて、こう言いました。
「あの~、俺の彼女が入ってるんで、やめてもらえますか!」
「えっ・・・あっ・・・ご・ごめん・・・」
情けない大人達であります。



去年までの私は夏が苦手であった。
苦手であるだけで、嫌いではない。
35歳くらいまでは1番好きな季節だったのだ。
毎年この時期、これから夏がやって来ると思うと嬉しくなって虫カゴなど買ってしまったものである。
そして、今年は何回海へ行けるだろうなどと考えるのだ。
肌の色も黒さを増し、訳の分からない言葉で話しかけられたりしたものだ。
駅前で人待ちのために座っているだけで、怪しい男に異国の言葉で早口でまくしたてられ、その男の乗ってきたワンボックスの車に乗せられ拉致されそうになった。
車の中には南国顔の男達が5名ほど乗っている。
どう見ても、これから現場へ行く雰囲気だ。
呆気にとられていると、時間が無いのか怒ったようなその男に腕をつかまれそうになる。
「な・何だ、何だ?」
「△#〇$く#!!」
「え・え~っ!」
「???・・・・アナタ フィリピンジャナ~イ?」
「は・はい」
男は急に笑顔になる。
「ゴメンネ~」
と言い残し、車は去っていったのだ。
20年前くらいの東所沢駅での話しであります。

夏の海の家、ビールを買おうとする私。
何種類かのビールが氷を浮かべた水の中にあった。
「ん~・・・キリン・・・サッポロ・・・サントリー・・・う~ん・・・」
「いらっしゃい」
海の家のおばちゃんである。
無言でビールを選んでいる」私を見ておばちゃんの表情が変わり、私にこう言う。
「び・・びあ~?」
「ん?」
「び・・びあ~?」
・・・おばちゃん・・・外人と間違えてる・・・ならば、ここはひとつ。
「イエス」
「あ~・・・キリン・・・あ~・・サッポロ・・・あ・あんど・・」
「フウィッチ イズ グッド?」
「あ~ん・・・ぐっと、ぐっと」と1本のビールをさししめすおばちゃん・・・ぐっと飲めと・・・。
「オ~!サッポロ」とビールを手に取る私。
「ハウ マッチ イズ ディス ビア~?」
「お~・・・あ~・・・これ、これね」
値段の書いてある紙を指差すおばちゃん。
「ア~ 400イェン OK」
などと夏の海で、いたいけなおばちゃんを騙したりしたものだ。

夏が好きか嫌いかという話だったのが、だいぶ違う方向に行ってしまった。

「Sharp Dressed Man/ZZ TOP」 私の中では最強のトリオバンドなのであった。

[PR]
by takakinger | 2009-05-31 08:50 | Comments(2)

Red Snake! Come On!

e0155560_214254.jpg←領収書であります。
 ふむふむ、何を食べたっけかな?
 おお、なるほど・・・・・読めるか! 

木曜日・・・蕾む。
レバ刺、いただきました。
食べ切れませんでした。

金曜日・・・田中る。
シャコ、鰯、鮑、スーさん。
田中は何度か行っているのに、1人で行った事が無かったのだ。
早い時間に仕事が終ったので、1人、カウンターで水族を肴に一杯。
サッポロ瓶ビール赤星を飲むが、2本飲んだところで品切れ・・・。
他の客が2本、私が2本・・・合計4本。
「マスター、今日、瓶ビール何本仕入れたの?」
「うひゃひゃ、4本っす」
「・・・飲み屋の仕入れにしては少なくないかね?」
「うひゃひゃ、だって出ないんっすもん」
「・・・・・・・」
開店15分で瓶ビール売り切れか・・・。
仕方なくウーロンハイなどを飲んでいると、スーさん登場。
べつに、待ち合わせはしていない。
1回、家に帰ってから来たらしく、袖切り落としジージャンであります。
家から300メートルくらいしか離れてない飲み屋なのに、いつものように魔法の大バッグを抱えている。
このバッグには常にCDが2000枚入っていると言われているのだ。
他にも色々入っているらしく、たまたま私のオイルライターのオイルが切れたので
「スーさん、オイルなんてありますかね?」
「あるよ」
さすがである。
「石もあるよ」
「あっ、それは大丈夫です」
完璧である。
暫く飲んで良い気分になったところで。
「次、行こうか?」
「いや、明日、仕事なので帰りますよ」
「そんな事言わずに行こうよ」
「どこへ行くんですか?」
「飯能」
で、飯能の「PADDOCK PASS」へ。
1時間ほどで店を出る。
次に行ったのが、なんと「田中水産」・・・。
戻ってきてしまった・・・。
「私、明日5時起きなんで、そろそろ・・・」
「いいじゃない、オレなんか4時半に起きるんだから」
「ええ~っ、そんなに早く起きて何するんですか?」
「娘の弁当を作るんだよね」
「そんなの、昼飯代を渡せばいいんじゃないんですか」
「オレの弁当がいいって言うんだよ、へへへ」
・・・・いい話である。026.gif
「じゃあ、明日5時に電話して起こしてくださいよ、そしたらもう少しつきあいますよ」
「いいよ、じゃ、もうちょっとだけ飲もう。マスター!酒盗ちょうだい!」
次の日の朝5時、お父っつあんの眠そうな声のモーニングコールで起きたことは言うまでもない。
 
「Higher Love/Steve Winwood」 もっと売れてもいい人だと思います。

[PR]
by takakinger | 2009-05-30 21:21 | Comments(0)

Night of Asia

e0155560_10123073.jpg สวัสดี ครับ!!

昨日「BW」で揉み師となったことを記しましたが、その日は他にも行ってまして、集合場所が「蕾」だった。
ここは中国人夫妻のお店ですのですので、食べ物も中華系が多し。

次に行ったのが「サームピーノーン」という新所沢のタイ料理の店であります。
スタッフはタイの方のようだね。
ここでメコンのボトルを1本飲む。
ソーダで割ると美味いっすね。
最近ではメコンはメコン・ウイスキーなどとして売っているが、昔はラムとして売っていた気がするぞ。
しかし、辛い(つらいではない、からいである)ですな、タイ料理。
ソムタムを最初に食べたが、いきなり発汗042.gifでしたね。
でも、これが色々食べているうちに慣れてくるのが恐ろしい。
それどころか、さらに辛い訳の分からん液体をかけたりするのだ。
あまり辛くないパッタイなどは、物足りなくなってしまう。
O社長はソムタムに砂糖をかけて食べていたな。
私も辛いのは苦手なんですけどね。
タイ料理は不思議といけてしまうのだ。
また行こうかと思います。
でも、閉店時間までいたけど、私たち以外、客は来ませんでしたなぁ・・・。
けっこう、いい値段だからねぇ。
でも地元で食べれば全部で500バーツくらいだったりして。

そして、タイ料理の影響か、西友でパクチーを購入。
パクチーを歩き食いしながら「高山」へ行き、酎ハイにパクチーを入れて飲むのであった。
「BW」へ行ったのはこの後であります。
そうです、この日、私たちは中国~タイ~日本~フィリピンとアジア旅行を満喫したのであった。
しかも、どの店もその国の人間がやっている。
晚上好!สวัสดี ครับ!まいど!Magandang gabi!と4ヶ国語を駆使しながらの灼熱のアジアンナイト!
日本以外に、3カ国の老若男女オカマとのふれあいのアジアな夜でありました。
時間があれば、ここにインド韓国を加えたかったのは言うまでもない。
台湾パブという看板もみえたが・・・・そ・それはいいよぅ・・・・。

「半斤八兩/許冠傑」  許冠傑ことSamuel HuiのMr,Booのテーマです。ん?2回目か?

[PR]
by takakinger | 2009-05-27 12:00 | Comments(2)

揉み師ブイセット

e0155560_10353896.jpg グワシッ!

 7月19日の出演順が変更になりました。
 いかがなものか?
 1、17:00~ Big Fat Noise
 2、17:40~ Gotzamn
 3、18:20~ 殿様ジャイアンツ
 4、19:00~ The Fantastix
 5、19:40~ ルン・アイスと新所沢心中
 6、20:20~ 荒菊
 7、21:00~ Wendymac Mosteria
 8、21:40~ 泥酔’s

 んで、昨夜は「BW」でございます。
 ひさしぶりのMAYUMI兄貴と毎度のJJ兄貴。
 「マッサージ シテ」
 「は・はあ・・・」
「アシガ ツカレタヨ」
「は・はあ・・・」
私の膝の上に投げ出されたスベスベマンジュウガニよりスベスベの美脚。
だまされてはいけない。
本来なら一面スネ毛に覆われているべき足だ。
しかし、感心するくらいきれいな脚であります。
「アシウラノ マッサージ シテ」
「は・はあ・・・」
何が悲しゅうて 男の生足をマッサージせにゃいかんのですか、JJ兄貴・・・。
足の裏なんて、男時代のままじゃないんすか・・・。
そうか・・・次は私の脚をマッサーッジしてくれるのだな。
ふふふ・・・それなら仕方あるまい。
だが、私の足は3本あるぞ。
「はい、終了です。それでは今度は私の3番目の足・・・」
「アニキ カタ モンデ」
「えっ・・・今度は私がモミモミされる番では・・・」
私の目前には、こちらに背を向けたMAYUMI兄貴の、若干広めのササミのような美肩が。
・・・そうか、この肩揉みが終ってから2人がかりで私のあんなとこや、こんなとこにとても口では言えないような事をしてくれるのか。
「アタマ モ ヤッテ」
「あ・頭っすか?」
「ソウ コウヤッテ スルノ」
「ああ、指先で押せばいいんすね」
・・・そうか、この頭のマッサージが終ってから私の頭をマッサージするのか。
ふふふ・・・それなら仕方あるまい。
だが、私の頭はふたつあるぞ。
「はい、終りました。よ~し、今度は私のふたつめの頭の番だ!急いで口で吸え!なんちゃっ・・・
「ジカン ダッテ エンチョー スル?」
・・・・・しくしく・・・しくしく・・・・しくしく・・・しくしく・・・

「Strange Weather/Glenn Frey」 う~ん・・・大人。イーグルスもいいけどソロもなかなかっす。

[PR]
by takakinger | 2009-05-26 11:20 | Comments(2)

反省だ

e0155560_20355139.jpg←中国の土産らしい。
何やら怪しい物体がギッシリと詰まっている様子。
しかし、その蓋を開けてみると・・・。
さすが中国・・・ここまでやると感心してしまうね。
(写真は西原先生のブログより)



日曜日の朝は二日酔いの確立が非常に高い。
そして、1日の大半を優れない気分で過ごすのでした。
昨日も3時半から中華風味な立ち飲み屋「蕾」で飲む。
テレビでは競馬中継。
競馬新聞赤鉛筆を持ったナイスミドルが冷奴とイカ串でホッピーを飲っている。
なぜか浅草でゲルマン魂の欠片も無い気の弱いドイツ人と飲んだことを思い出す。
外はまだ明るい・・・立ち飲みは、こうでなくてはいけない。
軽く飲んで帰るつもりであった。
だが、昨日の立ち飲みのカウンターには一脚のスツールが・・・。
「これ、座って飲んでもいいあるか?」
「イイアルヨ~」
これが、いけなかった。
掟破りの立ち飲み屋で座り飲み。
さらに4時前にはF社長が登場・・・仕事はいいのか?
これでは、すぐに帰るわけにもいかずダラダラと飲んでしまいました。
その後「田中」でスーさんと遭遇し「WARP」に行ったと思われる。
よく覚えてないんだよねぇ・・・。

けっきょく今朝も喉の渇きで目が覚め苦悶の朝を過ごす事となりました。
いやぁ、懲りませんなぁ。
体を動かすのも大仰なので、録画しておいたTV番組などを見る。
13時頃には、寝てしまい17時に起きて日曜日が終りつつあることを感じるのでありました。
明日から、また仕事ですか・・・。
だけど今度の水曜日は休みだ。
2日間頑張ろう・・・そして性懲りもなく火曜の夜は、また飲んでしまうんだろうねぇ・・・。

「City Streets/Carol King」 この曲はクラプトンがギター弾いてたんだよなぁ。サックスはマイケル・ブレッカーなのね。

[PR]
by takakinger | 2009-05-24 21:45 | Comments(2)

ビールの季節

e0155560_2171324.jpg♪ウチノダンナハ グァテマラウマレ~♪
ひさしぶりにビールの大ジョッキを飲んだ。068.gif
最近ではもっぱら中ジョッキであったからね。
大ジョッキがメニューに無い店もあるしよ。
なんでも、大ジョッキだと最後の方はビールがぬるくなるそうだ。
しかし、そんなもの早く飲めばいいことなのだ。
生ビールなんぞ、ゆっくり飲むものでもないと思うがな。
中ジョッキに甘んじていた自分を反省し、これからは大でいきたい!と決意する次第なのであった。
その昔、1000円で生ビール・大ジョッキ(1ℓ)飲み放題というのがあった。
もちろん、まだ若かりし私は1000円で、しこたま飲んでやろうと思ったのであった。
結果8杯飲んで充分に元を取ったのではなかろうか。
8リットルである。
8キロである。
ギャル曽根並みの胃袋ではないか!
まあ、ちょこちょこ体から放出しながらであるから、8リットル全部を体内におさめたわけではないがね。
もし、大食いの人たちがウ〇コを出しながら食べていたら・・・嫌だ。050.gif
それがカレーだったら・・・・・話がお下劣な方向にそれましたな。

生ビールの話でした。
大ジョッキの話でした。
ちょっと重いけど、男らしいぞ。
大きなジョッキをグワシッと掴んでグビグビッと飲む。
ジョッキを持つ腕の力瘤066.gifと1グビする度に上下する喉仏に、あの娘はじゅんとなるはずだ。
ここは彼女のはぁと053.gifを掴むため、最初の一口は一気に12グビくらいいきたいものである。
そして鼻の下に、さりげなくなどもあしらいたいものですな。

「お飲物は何になさいますか?」
「私は、生の大」
「私も生ビールの大」
「じゃあ、私も生中の大」というギャグも使えるぞ。

え~・・・何が言いたいかというと・・・。

生ビールが大好物の皆さん、これからは大ジョッキですよ。068.gif
えっ?あっしですかい?あっしは瓶ビール派ですが・・・ギャフン!

「Swing On Down/Donavon Frankenreiter」わぁ~、最高の会場だなぁ・・・。

[PR]
by takakinger | 2009-05-21 21:47 | Comments(1)

遅刻しちゃった

e0155560_2005893.jpg←君はジェスロ・タルを見たか!
 片足を上げて何をやっているのか?
 中途半端な「命」をやっているわけではない。
 フルートを吹いているのだ。 
 カッコ良いんだか悪いんだか分からんぞ。



明日は休みだ。
どうかひとつ、晴れてほしいものだ。
そして明後日も休み。
この貴重な連休を有意義に過ごすことが出来るだろうか。
また、いつものように初日に飲酒、翌日二日酔いで終ってしまうのか・・・。
そういえば昨日、ホルモン氏が家にやってきた。
ライブの打ち合わせをしたのだが、やはりアルコールを飲みながらのミーティングとなってしまった。
だって、ヤツが焼き明太子焼豚鯵フライなんか土産に持ってくるから・・・。
コーヒーで明太子というわけにもいかないであろう。
紅茶に焼豚というのもアレですし。
アジフライにコーラってのも・・・ん?これは、いけるかも?
で、ライブの出演順とかチケットの枚数とか決めてたのだ。
まだまだ、先の話だと思っていたのだが、あと2ヶ月なのだね。
だけど、ライブのタイトルも決まらないまま、酩酊状態に・・・。
おかげで翌日は仕事に初の遅刻であります。
べつに飲んだから遅刻したわけでもないのだが・・・。
じつは目が覚めたら時計が4:30を指していたので、もう一眠りしたのだね。
そして、またまた目が覚めて時計を見たら4:30・・・わ~、まだ眠れるぞ・・・って、4:30にしては、思いっきり明るいではないか・・・ていうか時間が経ってないではないか。
そうです、時計の電池切れでありました。
どうやら4:30に目覚まし時計は力尽き、長針が6の場所から上へあがることが、できなかったらしい・・・不憫であります。
私は朝風呂に入るため5:00に時計をセットしておいたのだが・・・・あと30分頑張ってくれれば・・・・4:30から先へ進めなかった長針はさぞ口惜しかろう、無念であったろう・・・。
結局、私が起きたのは始業5分前でありました。
間に合うわけがない。
こうなると30分の遅刻も1時間の遅刻も一緒であります。
なので私が始業時刻2時間後に出勤したことはいうまでもない。

7月19日のライブであるが、チャージが¥1000の予定だったが、¥1200ということになってしまいました。
すんません。
オープンは16:30、スタートは17:00になりましたです。
出演順・・・じゅん。
1、17:00~ wendymac Mosteria・・・養老のつぼ 村さ来庄、みたいな・・・。
2、17:40~ Gotzamn・・・初出走。よく分からんがオヤジバンドなのは確かなようだ、JAZZ系か?
3、18:20~ 泥酔’s・・・泥酔する前に演奏をしてもらわねば・・・ゴキ。
4、19:00~ The Fantastix・・・コサPワールド炸裂、このバンドも長いね。
5、19:40~ ルン・アイスと新所沢心中・・・初出場。シマムラの人ってなんだ?
6、20:20~ 殿様ジャイアンツ・・・股の名を黄金大王、GoGoプリン隊、桃魂Express。
7、21:00~ Big Fat Noise・・・70~80年代の曲多し、眼鏡に詳しいロックバンド。
8、21:40~ 荒菊・・・初出撃。詳細不明。


こんな感じでどうっすかねぇ・・・。
では、ごきげんよウィッシュ!

「背中ごしの I LOVE YOU/矢沢永吉」この歌になぜ、この映像なのか・・・ビッグっす!
 
[PR]
by takakinger | 2009-05-19 20:26 | Comments(4)

野菜が食べたい

e0155560_1345543.jpg←と・とても怪しいぞ。


本日は日曜日だというのに、仕事をしてきました。
午前中だけだけどね。

昨日、nash氏からメールがあり、結婚するそうだ。
それも国際結婚らしい。
いやぁ、めでたい・・・しかし、彼は独身だったっけ・・・?
お相手は・・・人妻では・・・?
う~む・・・きっと、この話はあまり突っ込んではいけないのかもしれない。

今、洗濯が終ったのだが、洗濯機を見たら大変な事になっていた。
どうやらティッシュを入れたまま服を洗ってしまったようで、洗濯物に紙片がいっぱい付着している。
あ~・・・たまに、やってしまうのだよね。

なんか、小手指のピーター・グリーンマサミのバンドは、まだあるらしい。
どこで、やろうとしているのか?
私、もう3ヶ月楽器に触れてません。
来月あたりからリハビリだな。


さて、とりえず昼寝かね。

「SING MY SOUL/上田正樹」う~む・・・アルバム「OSAKA」バージョンですな。だが「むかでの錦三」も捨てがたい。

[PR]
by takakinger | 2009-05-17 13:46 | Comments(5)

入曽から藤沢まで

e0155560_19141926.jpg←いい感じで落ち着けるね。業界風に言えばプ~ワですか。「プ~ワでル~ビ、み~の~」・・・。

昨日は、中トロを買いに入曽のA-COOPへ行ったのだが、その前に軽く1杯ということで「蕾」へ。
焼鳥にホッピーでお疲れさまの飲酒。
同行のホルモン社長は「やしミルクサワー」などというスットコドッコイな飲物を飲んでいた。
はっきりいって、椰子と焼酎は合わないと思います。
んで、ここの焼鳥は旨い。
私はが気に入ったな。
焼とんも良い。
麻婆豆腐は辛い。
トイレが無いのは辛い。
「からい」と「つらい」は同じ字なのだね。
しかし、飲み屋にトイレが無いというのは危険ですよ。
迫り来る尿意による失禁の恐怖に怯えながら飲まねばならない。
ホルモン社長はコンビニで用を足してきましたが、常連さんの電車の定期を借りて駅で放尿というパターンもあるようです。
私は・・・コインパーキングの隣のビルの裏でこっそり放尿をしたつもりでしたが、出し終わって後ろを振り向くと、そこは駅のホームから丸見えであった。
もしかして、そこにいた女子高生に私の「偉大なる私」を見られたかと思うと恥ずかしいのだが、「ほ~ら、見てごらん・・・おぢさんはね・・・おぢさんはね・・・」という気持ちも・・・。

けっきょく中トロも買わずに藤沢へ帰ってきました。
「田中水産」の前を通ると店内に見覚えの有る頭皮が・・・。
スーさんではないかい。
どんな状況で飲んでいたかは、ここでは省きますが・・・。
袖を切り落としたジージャン姿は健在であった。
ちなみに私の昨日のアテは「煮穴子」「あさりバター」であったことを付け加えておく。
あいかわらず瓶ビールは売り切れであったね。

e0155560_1981033.jpg
次に「WARP」へ行き、バーボンやラムを「バンコク風で」とか「パクチーはないのか」とか我儘なオーダーで飲む。
う~む・・・嫌われたかもしれんな。
だが、なかなか居心地の良い店でありました。
マスターは怖いけど・・・。
小手指の「Air's Cafe」のマサミ氏に、ここのマスターOKD氏と怪しい芸術家アラヤン氏と私でバンドをやるのだと言われていたのだが、いつの間にか消滅していたな。
また行きたいものです。

実は、カウンターの椅子がとても気に入り、オナラでマーキングをしておいたことは言うまでもない。


定額給付金、入りました・・・nash氏と「KING」行きました・・・12000円でした・・・とほほ・・・。

「Simple Man/Lynyrd Skynyrd」隠れた名曲だな。 

[PR]
by takakinger | 2009-05-16 19:43 | Comments(2)

皮包館

e0155560_2238725.jpg←JJ(ししではない)・・・カッコイイっす。兄貴と呼んでいいっすか。



おうよ!
最近、サボりがちなマイブログであります。
だって、眠いんですもの・・・。
ルービが美味しいんですもの・・・。
昨日は休みだったのに、朝の10時から運転で、思わず関越で寝そうになったぞ。
死ぬかと思った。
何でそんなに眠かったかというと、前日にホルモン社長が家に来て飲酒していったからだな。
彼が、私の大好物のロバート・ブラウンなんかを用意したので、つい飲んでしまった。
私の若かりし頃の高級酒なのだ。
普段はホワイトとかブラック50とかばかりでしたからね。
アンチョビの缶詰をアテにあっという間に1本空けてしまった。
しかし、なんですな。
缶詰の中に並んだアンチョビというのは、見様によってはゴカイイソメのようにも見えますね。
あれを魚釣りの餌にしたらけっこう釣れるんではないかね。
塩分濃いけど海水の中で生活している水族からしたら、かなりマイルドな塩味であろうし。
あと、「ホタテのウニあえ」みたいな缶詰。(この日は缶詰に凝ってみました)
期待して開けてみたのだが、中には紙が・・・蟹缶なんかもそうですな。
それを、さらに開けると底の方にこびり付いた黄土色の判別不可能な物体が・・・粘土か・・・。
それに、その量といったら、缶の高さの3分の1も入ってないではないか。
ふざけてはいけない。
開けた途端に、すでに食べ残しのような佇まいであります。
味も何だか、ヘッポコであった。
缶詰は開けてみないと分からない。
ま~たまたひとつおりこうさんになりました。

家で飲む前に入曽の「蕾」で軽く1杯やったのだが、いつもの水餃子をやめて焼餃子にしたのだが、なかなかどうして旨かったな。
隣で飲んでたおっさんは、餃子におろしニンニクを狂ったようにかけまくっていた。
私の見たところ餃子1つに対して、スプーン1杯の割合であった・・・かけすぎである。

で、話は前後するが、家でしこたま飲んだホルモン社長は、私の「ブロードキング号」を強奪し狭山へ帰っていったのだ。
私が、死ぬ思いで狭山から操縦してきた「ブロードキング号」は、またもや狭山の地へと戻っていったのだ。
また、狭山まで取りに行かなければいけないのか・・・。
また、地獄のサイクリングをしなければいけないのか・・・。
また、職務質問をされるのか・・・。
自転車の運転代行でも頼みたい気分であります・・・クェックェックェッ。

「Persephone/Wishbone Ash」 地味であります。でも好きさ。

[PR]
by takakinger | 2009-05-14 22:50 | Comments(1)

禁じ手乱発


by takakinger
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー